掲示板

V.....Day は、親鸞上人デー

2012/2/15 06:00
by ヒゲしげ爺 削除
添付画像
丸一日「親鸞」に浸った日でした。

月に一度、わが庵からすぐ近くの大通寺(だいつうじ、この掲示板の1/16に既出)で、「親鸞上人御著作学習の集い」が催され、最初に「正信偈」読誦のあと、最近は「唯信鈔文意(ゆいしんしょう・もんい)」(親鸞著)の購読が始まったのだが、そのプレとして、まずは、その元になっている「唯信鈔」(聖覚著)を読み始めた。「
「集い」は午後からだったのだけど、それに備えて、午前中はひたすら「予習」…だから「親鸞デー」なのです(笑)

親鸞上人の、とてもヒューマンな面が出ているエピソードを少しだけ、紹介しますと…
聖覚は、比叡山(天台宗)の高僧であるにもかかわらず、法然に弟子入りして「浄土門」に入ってこの「唯信鈔」を著し、「聖道門(しょうどうもん)」の虚しさを言葉を極めて力説した。数年後、親鸞はいわばそれへの「解説書」として「…文意」を書いた。ところが、親鸞がそれを書いた時期には、既に浄土真宗への法難が起こっていて、聖覚は、天台の高僧の立場上、親鸞たちを弾圧する立場に戻っていた! にもかかわらず、親鸞は、その後も89歳で亡くなるまで、何度も何度も「文意」を書き続けた・・・という話。

いったい、なぜなのか…ということが、ご住職と、我々「生徒」たちの間で議論となり、しまいには、それについての詳しい著作のある平雅之先生(阪大文学部教授)に、私がメール出してお尋ねしよう・・ということになった。

おりしも、昨日は世界中で、V...Dayとやら…巷では、チョコレイトなる西洋菓子の交換が行われていたとか…。そういえば、不本意にも独身にされてしまって早10数年、このナントカ・チョコには、(義理チョコとやらを除けば)とんと無縁だなぁ~(笑)
2012/2/17 06:12 by ヒゲしげ爺 メール削除
⇒かすみさん
なぁ~んだ、そんなことだったんかぁ~(笑)もっとディープなことか・・・と、ちょっと期待しましたよ。
いや、ひょっとしたら、ホントはディープなんかもしれない…。
2012/2/17 03:19 by かすみ 削除
コスプレと親鸞の世界が無縁でないと、つい直感的に書いてしまいました。改めて聞かれるとうーん困った。 人が宗教に求めるものと、あの若者たちがコスプレに感じる満足感、連帯感には通じるものがあるかな。
そんなありきたりな答えでご容赦ください。
2012/2/15 21:57 by ヒゲしげ爺 削除
かすみさん、kkさん、
奇しくも同じ日に、ほぼ同じ内容で投稿いただきましたね。
かすみさん、「決して無縁でない気が…」というコメントに興味もちました。もう少し解説して下さいませんか?
お二人のご意向を汲んで、ひとつ「さごたに通信」に連載で書きましょうかね…私に、親鸞に限らず「仏教」を語らせたら、何時間でもしゃべってますよぉ~(笑)
2012/2/15 16:17 by kk 削除
とんど祭・東方やりん祭・コスプレ・親鸞上人とテーマが次々と変化して、知らない世界に興味深く心惹かれますね。親鸞上人のお話連載を楽しみにしています。
2012/2/15 13:05 by かすみ 削除
ヒゲしげさんの真骨頂の一つ。もっと詳しく入り込んで聞きたくなるような内容ですよね。
あのコスプレ写真と親鸞の世界。決して無縁でない気がします。

東方やりん祭、行ってきました

2012/2/13 06:29
by ヒゲしげ爺 ホームページ削除
添付画像
え~、10(金)の一大イベントの疲れがまだ取れない状態なのに、予め決まっていたことを次から次にこなしていく一日でした。
まずは、朝8時に集合して、わが町内会の「とんど祭」(遅いでしょ?)
5時間ちかく作業して、高さ10m以上の竹を束ね、13時ちょうどに点火。本来の「火付けびと」は、歳男・歳女の役目なんですが、雪で中止になった去年の歳男であるジィも(84歳じゃないですよ)加えていただいて、計3名で点火…炎は、あっという間に、その10m以上を駆け上がる。
だけど、注がれるビールもほどほどに30分ほどで中座して、いったん家に戻り、そのかすかな酔いを冷ましてから、いざ「やりん祭」の会場である広島県産業会館へ。

到着する直前に、今回の主催者の一人であるわが息子に短くメールすると、「これから撤収」と、つれない返事。かまわず駆けつけると、幸いまだ「撤収作業」の途中で、アシスタントさんの若い衆(男2+女1)に囲まれた、和装のわが息子たがそこに。彼らから「先生のお父君」に丁寧な挨拶を受けた(よね?)

そのあとのアフターイベントに、その「女1」だけが参加するというので、一緒に床に座って、とても落札なんかできそうもない価格のオークションに参加してるフリをしながら、少ししゃべる。ずいぶんしっかりと大人びた女性だったが、実は高校3年生だと!
しばらくしてから、一人で「痛車(いたしゃ)」を見物したりして、会場を立ち去る。
その直前に「やりん祭」の代表の方が出てこられて、わが息子が描いた公式ポスターやら、その絵の印刷されたチョコやらいただいた。
冒頭の写真は、その「代表」の方に伴って現れたコスプレ少女。

あす、「東方やりん祭」に行きます

2012/2/11 21:25
by ヒゲしげ爺 ホームページ削除
添付画像
ちょっと宣伝させてください。
あした(2/12)、「東方やりん祭」という、広島最大の(たぶん)コミック・フェスティバルが開催されます。
私の次男が参加するので、行ってこようと思っています。
下に概要を転載しましたので、ご関心のある方はどうぞ足をお運び下さい。私は14時前に行って「アフターイベント」にも顔を出そうか…と。

なお、添付のイラストは、わが息子が描いたものです。

以下、<東方椰麟祭>のサイト
http://tohoyarinsai.web.fc2.com/index.html
から転載。
--------------------------------------------
<東方椰麟祭>

開催日時 平成24年  2月 12日 (日)

開催時間
     メイン同人誌即売会イベント   : 10:30 ~ 14:30
      ・カードゲームブース
      ・色紙イラストコンテスト(当日受付)

     アフターイベント : 15:00 ~ (約1時間~1時間半程度を予定)
      ・サークルから出品された品々のオークション
      ・イラストコンテスト出品色紙争奪じゃんけん
      ・毎年恒例の”アレ”争奪じゃんけん
会場
     広島県立広島産業会館 西展示場 1階
     広島県広島市南区比治山本町16-31
     会場へのアクセスは
     http://tohoyarinsai.web.fc2.com/access.html
     をご参照下さい。

およそ40年ぶりに大学数学のお勉強

2012/1/30 07:17
by ヒゲしげ爺 ホームページメール削除
添付画像
ある事情により、大学(理系)1年生程度の数学(代数)の復習をやってます。
書庫から、古い古い(初版、1960年)を引っ張り出し、まずは溜まったホコリをはたき・・・って具合に。
久しぶりに見るマトリックス(映画じゃありまへんで)の形が美しい。肝心の内容は…う~ん、これから、老体ならぬ「老脳」にムチ入れて…。
2012/1/30 12:52 by ヒゲしげ爺 ホームページメール削除
添付画像
かすみさん、お久しぶりです…あの、5年前くらいにmixiにちょっとだけ登場してくださって、まもなく、それこそ「かすみ」のように消え去ってしまわれた、あのかすみさんですね!

そう!昔の勉強、楽しいですよぉ~。何十年もまえのこと、意外によく覚えてたりして…それも嬉しかったりします。かすみさんは、mixiのときの記憶だと、確か古典日本文学一般に詳しいんでしたよね。ぜひ、万葉集でも引っ張り出して…。

なんなら、数学教えましょうか…中学・高校で苦しめられたようなんじゃなくて、もっと楽しくて、かつ高度なヤツを(と、さりげなく宣伝したりして…笑)

写真は、本文に添えたヤツの表紙です。「行列」って、知ってました?大売出しで並ぶ行列とは別物です。
2012/1/30 11:04 by かすみ 削除
ヒゲしげさん「さごたに暮らし」の復活待ちに待っていました。お久しぶりです。連日楽しくも波乱の話題満載で、開くのがたのしみです。40年ぶりのお勉強いいですね。私も退化しているのが分っているけど、何か勉強したいなと言う気持ちが起こります。若い頃には理解できなかった事が、今ならもっと柔軟に、深く学べるような勘違い気分がフツフツと湧き上がったりします。この写真を見て、私も古い古い本を引っ張り出してみようと思いました。これからもいろいろ啓発おねがいします。

本日1・21は、「永久帰郷」7周年です

2012/1/21 04:54
by ヒゲしげ爺 ホームページ削除
添付画像
早いもので、ちょうど7年前になります。

ここに「永久」帰郷するにあたっては、長年にわたってものすごい逡巡と葛藤がありました。その要因のひとつが、何と言っても「さごたにの、ハンパじゃない寒さ」! それさえ耐えれば、この先一生ずっと暮らしていける・・とばかり、一年でいちばん寒いこの時期を、わざと選んで「永久帰郷」したのでした。

そこで、ちょうど7年前の今日、旧版「ヒゲしげ爺の…」のさらに前身「しげさんのさごたに計画」に掲載した記事を、アーカイブから引っ張り出して再掲しました。

なお、当時は、いはゆるタブを使って書いていたため、改行がヘンだったり、br (これを< >で囲むと、今でも機能して、改行されてしまいます)なんて記号が含まれてますが、わざとそれを残したまま原文をそっくり載せました。いにしへ(笑)の空気を感じて下さい。

皆さま、7年前の自分はどうだったかなぁ~としばし想いをはせつつ、ご笑読下さいませ。

写真は、「しげさんのさごたに計画」の表紙絵で、開設した2001年(?)当時、まだ10代だった次男(現在も、このサイトの管理者)が描いてくれたものです。
2012/1/30 20:25 by ヒゲしげ爺 削除
立川さん、お褒めのことば、恐れ入ります。
また、久々のご登場、うれしいです。

10年以上前に描いてくれたこの絵、お気づきのように、当サイトの扉絵でもそのまま使ってますし、またボクの名刺の「すかし」(みたいなもの)にも入っています。

ところで、「さぶやま」コンサート、一応4.14(土)に決まりそうです。詳しくは後刻個人メールにてお知らせします。
2012/1/29 00:45 by 立川淑恵 削除
絵がとってもうますぎる・・・。
プロのアニメーターの絵かと思いました。。
宮崎アニメ映画の背景画像みたいだな〜って。
息子さんは、もう10代でこのような絵をお描きだったのですね。

昨年12・14の検査結果、ようやく・・・

2012/1/19 06:14
by ヒゲしげ爺 ホームページメール削除
添付画像
昨年12・16に「さごたに通信」に書き始めました「病院の検査はワンダーランド」、
http://www.shigejee.jp/blog/?p=111
まだ「続く」のままでしたが、そうこうするうちに検査の最終結果が、やっときのうになって知らされました。
つまり、14日にTs病院で行った3種類の検査の内、当日中には結果の解析がまにあわなかった「心臓冠動脈のCT画像」を、ついに見せて戴いた…という次第です。
写真の中央の大きな血管(冠動脈=かんどうみゃく)の、左側に黒いイボみたいなのが二つ、そして、右側には白いのがひとつ見えますが、詳しい解説はさておき、両方とも血流を阻害する困りモンなんだそうです。(究極の「個人情報公開」でありますね)

それでも、担当医師であるかの有名な「Ts病院のH先生」がおっしゃるには、今すぐに手術や治療が必要な程度ではないので、1年後にもう一度CTを撮りましょう」。
いちばん、気になる質問「これからもマラソン走ってよろしいですか?」に対しては、やや間をおかれてから「荘ですね…ああ、いいでしょう。ただし、これまでのペースの8割くらいで」とのこと。
これで一応、無罪放免…少々さわやかな気分で、平和公園の真向かいにある、その病院を出たのでした。

大通寺で「命日法要」(2) 二日目

2012/1/17 05:19
by ヒゲしげ爺 ホームページメール削除
添付画像
二日目は1・15(日)。
この日は地区の町内会の「初寄り」(新年最初の会合)が09時~12時の予定で開催され、そのあと、初寄り恒例の宴会が予定されていました。

法要は、前日同様13:30からなので、まあ、宴会を早めに中座して行けば、なんとか間に合う…と踏んでいました。
ところが、この日に限って、まことに珍しいことに会議が紛糾して、やっと終わって宴会に移ったのが、なんと1時間遅れの13時。
なぜそんなに紛糾したのか…についても、とても興味あることなんですが、これは後日「さごたに通信」の方にでも・・ということで、ここでは省略致します。

いくらなんでもわずか30分で宴席を中座するわけにもいかず、やっと皆様のお許しを得て抜け出し、お寺に駆けつけてみると14:40、ちょうど読経と「ご伝鈔」の読誦が終って、これからご法話…というタイミングでした。
前日の予告どおり、この日は仏教全般…端的には「お釈迦様の教え」と関連させての親鸞聖人の思想について。
これも、内容を詳しく書いてると、とても「掲示板」の容量に収まりませんので、この程度にしておきます。

駆けつけた14:40にはまだ酒宴による赤い顔が冷め切ってなかったのが、ご法話の終る16時過ぎには、すっかり醒め、そのまま湯の湯ノ山温泉にクアハウスに向かったのでありました。
ところが…と続くのですが、ここいらで閉じて、あとは後日の「通信」の方にゆずることとします。
(完)

大通寺で「命日法要」(1) 一日目(1・14)

2012/1/16 10:31
by ヒゲしげ爺 ホームページメール削除
添付画像
1/11に書きました↓「仏教学習会」に次いで、おととい・昨日は、親鸞聖人の命日法要ということで2日連続で大通寺に参詣し、当山ご住職(↓)ご自身になるご法話を拝聴してまいりました。

法要は1330より、まずは、このような法要ではポピュラーな、浄土真宗の「基本」とも言えるお経「正信偈(しょうしんげ)」を、ご住職主唱の元、列席者全員で読経したあと、ご住職お一人により、有名な「親鸞聖人伝絵(でんね)」(添付写真)を示しつつ「親鸞伝承」の読誦(どくず)。一日目(14日)は前半を、二日目は後半を。

読経と読誦合わせて約1時間のあと、しばし休憩をはさんで、いよいよご住職自らによるご法話(住職自修)が始まったのは、14時半過ぎから。

法話、一日目は親鸞聖人の生涯の前半までをご紹介になったあと、「念仏専修」を決意なされたことの意義などについて。「明日は、より一般的に、仏教全体からみた浄土真宗の教えの位置づけについて話します」といい置いて法話を閉じられたのは、すでに予定の午後4時をかなり過ぎていました。「明日も、これくらいの時間になります」と言い残されて。
(続く)

地元のお寺大通寺での「仏教学習会」

2012/1/11 05:55
by ヒゲしげ爺 ホームページメール削除
え~、ブログ「さごたに通信」では、目下長編「厳冬期の単独登山…」を連載中なので、その他の日常の諸々(もろもろ)はこの掲示板に書きます。

昨日1・10は、地元のお寺大通寺(浄土真宗西本願寺派)で、以前から行われていた「仏教学習会」に参加してきました。
昨年の報恩講のお斎(とき)の席で当山ご住職から、誘われて…の初参加だったのですが、出てみると出席者は、新入りの私を含めてわずかに3人、それにご住職と坊守(ぼうもり=住職夫人の呼称)さんの合わせて5名。つまり、昨年までは、わずか4人でこじんまりとなさっていた、まさに「少数精鋭」の学習会なのでした。

昨日のテーマは「唯信鈔文意(ゆいしんしょう・もんい)」。これを元に、住職と「生徒たち」の間で質疑応答…その中身の濃いこと、深いこと…さすがに、つい最近まで京都のある仏教系大学で長年教授を勤められていた、大智識であられる(こんな田舎に勿体ない…とかねがね評されている)ご住職の、まさに面目躍如!普段の一般信徒の前での「ご法話」とはまるで異なる「仏教学者」としての一面を垣間見させていただいた思いで、何かとても満たされた気持ちで、遠見山・大通寺をあとにしたのでありました。

あ、「中身」について何も書いてませんでしたね…これは、会が少し進んでからでも(毎月一回、第2火曜日)まとめて「通信」にでも書きましょかね・・・またもや「長編連載」で(笑)

明けましておめでとうございます

2012/1/1 02:06
by ヒゲしげ爺 ホームページメール削除
添付画像
ちょうどひと月前の12・1に再開したばかりのサイト「ヒゲしげ爺のさごたに暮らし」ですが、本年はここに年賀のご挨拶を掲げて、恒例の「年賀メール」とさせていただきます。

去りし平成二十三年(2011年)、社会的には何といっても「東日本大震災」がダントツに大きな、悲しいニュースでした。

一方、ヒゲしげ個人としては下記のようなことが「大ニュース」でした。

(1) 4年近く前に起こしたバイク事故による左ひざの怪我が、ようやくほぼ完治し、11/3には、「広島国際平和マラソン」で、5キロ部門に出場できたこと。なお、この8日(日)には、おとなり山口県の玖珂(くが)まで出かけ、今度は10キロに挑戦します。もちろん、目指しているのは「完走」、つまり何とか制限時間以内にゴールすることだけであります。

(2) 例年になく、多くの方々との出逢いがあったこと…これは、大きな「収穫」というか、「ひと財産」でもありました。そのような「新しい出逢い」の対象となった皆さんはもちろん、そのきっかけを作ってくださった多くの方々に、心より感謝いたします。

(3) 今はまだ「公表」を差し控えますが、この4月を目指して、ある新しい「事業」(?)を立ち上げるべく、昨年夏ころから、仲間と一緒に準備を始めたこと。まあ、2月、3月あたりから、ぼつぼつと。このサイトで「公表」していくことになると思いますので、しばし…。

その他にもいくつか特記すべきことはありますが、とりあえず以上3件くらいにしときます。

本年も、皆様には、相変わらず…いや、これまで以上に、お世話になることと存じますが、どうかよろしくお願いいたします。


なお…、本日早朝に出発しまして、どこぞの山のてっぺんで、ご来迎を…と、もくろんでおります。天気予報では、広島県地方は「曇り」で、ご来迎が仰げる確率は低い・・とのことなんですが、5年前の2007年元旦、宮島の弥山(みせん)に上ったときも、予報は同じような表現だったのに、奇跡がおきまして(笑)…。
本年も、同様の「奇跡」にひそかに期待し、老体に鞭打ってお山をめざすわけです。

そういえば、左脚が復活した昨年は、しゃにむに山にも登った一年でもありました。

写真:今年初めて自分でこさえた門松です。中津師匠、ありがとうございました。
2012/1/2 02:37 by ヒゲしげ爺 ホームページメール削除
くらちゃん、
コメント、14時間遅れですんません。
門松、来年(今年の暮れ)には、ぜひ一緒に作って、くらちゃんの玄関先にも!

「きおつける:⇒「気をつける」
たぶん、確信犯だとは思うけど…(笑)
2012/1/2 02:32 by ヒゲしげ爺 ホームページメール削除
添付画像
立川師匠どの、
すんません、まる一日遅れのコメントです。
実は昨日、元旦早々、早朝まだ暗いうちから山中で道に迷い、徘徊しておりまして…(ちょっと大げさではありますが)詳しくは、のちほど掲示板か通信に掲載しますので…。

湯来でのコンサート、よろしくお願いします。4月中旬ころを漠然と考えております。年始明けに早速例のログハウス喫茶に行って交渉してきますので、しばしお待ちを。
2012/1/1 12:49 by 倉田 削除
あけましておめでとうございます

今年はいろいろ自分の中で変化が多すぎる年でした
茨城からUターン および 転職

湯来という場所をはじめてみたこと

最近 門松見るたびに立ち止まって観察してます
ノノ*^ー^)

本年もよろしくお願いします
健康と怪我にはきおつける年にしましょう
2012/1/1 02:42 by 立川淑恵 削除
明けましておめでとうございます。門松いいですね!昨年は、万葉集講座にご出席頂き有り難うございました。今年は、湯来でいろいろとご企画がおありとのこと、楽しくなりそうですね。では!